母親の積極性により円滑に進む婚活パターン

私の友人は、女子校から短大に進学して卒業後も職場は女性ばかりという環境でした。そのため同年代の男性と知り合う機会は、ほぼありませんでした。当時、彼女は32歳でした。のんびりとした娘さんよりもお母様の方が、出産という事も考え焦りを感じていました。

そんなお母様の目に飛び込んだのが雑誌の大手結婚相談所の記事だったそうです。「これだ!」と思い立ちお母様自らが、その結婚相談所に早速足を運び申し込みをしたです。本人への報告は、申し込みの後でした。早速、数人の男性とお会いする機会があり都内や新幹線を利用して地方まで足を運んだそうです。

しかし、外見や職業そして年収や趣味もちろん性格が全てマッチすることは本当に難しく落胆する結果ばかり続いたそうです。契約更新をするともちろん経費もかかりますから金銭面で焦りも出て来ます。そんなある時運命の出会いがありました。都内の有名私大卒の国家公務員専門職の男性でした。ただ、外見がどうしても彼女の好みではなく迷いつつもお会いしていたそうです。

お付き合いを重ねる内に男性の家庭状況にほろっと心を打たれる部分があったそうです。実母を幼少期に亡くし義母に育てられ母親違いの兄弟という環境で育ったそうです。ただ義母がとても良い人で温かい家庭で育つ事が出来て本当に感謝しているという内容でした。彼女は、容姿や年収や職業にこだわりがありましたが、本当に大切なのは気持ちだと気付かされたそうです。きっとこの人となら暖かい家庭を築くことが出来ると結婚を決意したのです。もちろん彼女の考えを変えさせた背景には、母親の「人は外見ではないよ。中身だよ。」という強い言葉もありました。

今は2人のお子さんと楽しく暮らしています。時に本人が結婚に消極的な時は、やはり周囲の強い支えや両親が積極的に行動する事も今の時代は必要なのではないでしょうか?ひとと暮らすよりもひとりのほうが楽という若い人が増えています。時に家族の暖かさや人の支えに気付かせる事も大切です。

そして縁がない時には、積極的に結婚相談所を利用してみるのも有効だと感じています。少しでも知り合えるチャンスを増やす事が、結婚にあたってはとても大切な事だからです。そして自分の考えや視野を少し広げてみる事が非常に大切だと思います。

 

婚活パーティーいろいろ

アラサーになり結婚を考えていた彼氏にふられまして、このままでは一度も結婚もしないまま、人生が終わってしまうと危機を感じて、婚活を行うことにしました。

合コン、街コン、婚活パーティー、結婚相談所。これは私が考える婚活のハードルの低い順です。婚活をするにあたって、少しずつ気合いをいれていく作戦にしました。
第一弾の合コン。アラサーになって初めて行ったのですが、これはなかなか難しい。合計で3回の合コンにいきました。しかし、単なる異業種の交流みたいになって、その場ではなんとなく盛り上がるものの、2人でお食事に行くという約束をすることもなく、失敗。

次に街コンにいきました。私は世間一般に言うと高学歴の国家資格もち。いわゆる士業のオンナです。対象の街コンは、高収入とか、士業(師業)のものに限定して参加してみました。事前によく参加したコメントや、それに近しいブログを検索して、参加。感想は、大外れ。男性が異様に少なかったです。女子は可愛いしたたかそうな女の子がたくさんでした。あぁ、これなら、職場で同業種を探したほうがはやいかとすら感じました。

ということで、婚活パーティーに参加しました。クルクルと男性が回転してマッチングするタイプです。2回参加し、2回目ともマッチング。そこで、現在の彼氏と出会い、付き合うことになりました。運とタイミングなのかなと感じた私の婚活。彼氏ができても結婚するまでが婚活。頑張って結婚までたどり着きたいと思います。

趣味から広げる婚活

全て友人の体験談ですが、SNSサイトでのライブ同行者募集で知り合った方とお付き合いしている子がいます。また同じようにSNSでのバンドファンのカラオケオフ会などでも、それをキッカケにして結婚した方がたくさんいます。趣味関連で言うと、mixiが強いようです。かつての勢いはありませんが、mixiではまだよくファン同士のオフ会が盛んですし、人見知りな方でも同じ趣味があれば会話も弾みやすいと思います。

あとは相席屋や婚活バーなど、一人で行くようなタイプの場所がいいみたいです。街コンはよく聞くのですが、ペアで出なくてはならないし、うまくいった話をあまり聞きません。食事代がお得だったりするため、冷やかしが多いのかなというのは偏見ですが、夫婦で出かけようかなと言っている方もいたりです。

変わったところでは、馴染みのクリーニング店のおばさんの紹介で結婚に至った方もいます。絶滅危惧種とも言えるお節介なおばさんと仲良くなれれば意外と心強いかもしれません。

一番結婚に至った出会いで多いのはやはり会社関係で、次が学生からそのままでしょうか。合コンノリが苦手な方は、そもそも好みの相手も合コンに来るタイプではないと思いますので、無難ですが習い事をしたりバイトを始めたり、自然と出会えるのを待つしかないかもしれません。経験談としては、諦めた頃に出会いがあります

やっぱり女性は肉食がいいのかも

私の友人の話です。学生の頃から仲の良かった5人グループと、30代を前にして未だに交流があります。私も含め結婚して、子供ができて……と、環境が変わっていくことで段々縁遠くなっていくかなと思っていましたが、私に子供が生まれてからも交流は続いています。

3人結婚して独身は残り2人なのですが、そのうちの1人が仲間の中で取り残されていく危機感がとにかく強く、「誰かいい人いたら紹介して」が口癖のようになっていました。

職場でも友人でも、手当たり次第に頼んでいたので、そんな彼女のことをかげで悪く言う人もいましたが、本人が一生懸命だったので私も協力したいと思い、夫に頼んで「いい人」をホームパーティーに呼んでもらうことにしたのです。

「いい人」は背が高く、とある俳優さんに似てとてもかっこよく、最初に会った時から彼女が恋に落ちたのがわかりました。職業も堅く、本当に「いい人」なのに相手がいないなんてよほどの変人なのかと訝しんでいると、ただあんまり積極的なタイプでないだけのようなので、何とかカップルになってほしいと願いながら、時々家に呼んだり、一緒にバーベキューをしたりと、とにかく彼女とくっついてほしいと画策したところ、見事秋に結婚することになりました!

結婚したい、恋人がほしいと思っても、恥ずかしくてなかなか行動に移せない人もいるかと思いますが、やはり受動的な立場でいるよりも、自分の欲求を表に出して能動的にふるまった方が、周囲の協力を得られていいと思います。特に女性は肉食でガツガツ行った方が、「いい人」に巡り合える確率が上がると思います。友達(私にとっては夫ですが)の紹介って案外侮れないな~と思った経験でした。