ライト感覚で低リスクの婚活方法

何か行動は起こしたいけど、「婚活、婚活」とバタバタするのも何かが違う。

そんな方にまずお薦めなのは、芸能人や有名人のトークショーがある婚活パーティーに出席する事です。これを行うにあたっての大切なポイントは、なるべく自分の好きな芸能人の婚活パーティーに出席する事です。またこの様なパーティーに出席する事には三つのメリットがあります。

まず一つ目のメリットは、趣味や価値観が近い男性と知り合える可能性が高い事です。二つ目は直接結婚には繋がらなくても、仕事や趣味などの人脈を広げる事が出来れば毎日が充実してくる事。三つ目のメリットは、仮に思う様な出会いが無かったとしても、好きな芸能人の話が聴けるので結果満足感が高く気分転換にもなる事です。

この方法はガチですぐに結婚したい人には不向きかも知れませんが、そこまで焦っていない人にとってはお薦めです。本人からすれば低リスクで、相手からも余裕のある人だと捉えられやすいので一石二鳥です。

それ以外の方法としては、知人や友人に紹介してもらうという方法もあります。この方法は昔からありますが、最大の魅力は安心できる事。ただ上手くいかなかった場合の気まずさもあるので、あまりにも軽い気持ちで紹介してもらうのは控えたほうが良いでしょう。

お金をかけずに婚活をする方法

婚活をする為にあれこれ考えても、何か思い切った事をしようとするとそれなりの予算が必要です。

もしも転職を考えているのなら、結婚後にも役に立ちそうな仕事に就いてみると、案外良い婚活になるかも知れません。例えば雑貨やアクセ、文具等の販売員。ショップはなるべく小さい方が良いでしょう。物を扱う販売員の仕事は、結婚しても家庭内で役立つ仕事とよく似ていると思うのです。

まず販売員の仕事は専門職の仕事と比べ、ルーティンワークが多いのが特徴です。また同時にいくつもの仕事をこなさなければいけません。その一つ一つの仕事は大がかりな事ではないのですが、これらの事が同時に振りかかってくると結構大変です。店内で子供が物をひっくり返せばその後始末もするし、商品出しなどの作業も進めなければならず、物が売れればレジもするといった具合です。如何にパニクらずやれるか、がポイントです。

また在庫の位置を考える事は、快適な住まいの環境を整える模様替えや衣替えと似ています。掃除や商品のケアを続ける事は、根気強さを培う事にもなるでしょう。在庫や備品を切らさない様にチェックするのは、冷蔵庫の中を定期的にチェックする事によく似ています。働いている間にこれらのスキルを身に着けよう思ってすると、良い婚活になるかも知れません。

地味であっても、自分に合った婚活を

婚活と一言で言っても何処から何処までが婚活で、何処から何処までが婚活ではないのかの定義は難しいものです。

例えば巷で流行っている婚活パーティーに出席すれば、婚活をした事になるのでしょうか?確かにこの様なパーティーに参加して、結婚相手を見つける事も可能だと思います。合コンに行くよりは、結婚を現実的に考えている男性と知り合える可能性も高いでしょう。

無意識であっても婚活らしき事をしていて上手くいく人と、「婚活」「婚活」と頭では考えながらも、実際には実らない人がいるのは何故なのでしょう。

例えばただ単に毎日料理をきちんとしているだけでも、ある人にとっては立派な婚活と言えるのかも知れません。

また私の知り合いは家族と一緒に住んでいるのですが、家計簿をつけたり、光熱費を管理したりするのは母親ではなく自分がしていると言っていました。これも立派な婚活だと思います。この様な仕事は1人暮らしをしていれば創意工夫し考えますが、ニーズがないとなかなか出来ません。

また料理教室に通う事と自宅で節約しながら料理する事の違いは、後者の方が案外結婚した後に役に立つのではないかと思います。一流の料理を習う事は否定しませんが、ある材料で作る能力などは毎日の経験から培われていくものだと思うからです。

婚活はフィーリングが大事

真面目で大人しい性格の友人が、20代半ばになっても彼氏ができないと悩んでいて、合コンなどの雰囲気も苦手で参加出来ず、出会いの場に困っていました。女性が無料で参加できる婚活パーティーに誘われて、男性と慣れる練習にと思い切って数人で参加しました。

男性が内側、女性が外側で全員で円になり、女性が順番に1人ずつずれて順番に全員と話をするスタイルのパーティーでした。会話できる時間も1~2分ほど、気になった方に後ほどメールアドレスや電話番号を渡すというものです。

1~2分ほどで次から次に人が変わるので話をする事にも慣れてくるそうで、会話が弾まない方に当たった時でもすぐに時間が過ぎるので気まずくなる事も無かったそうです。

しばらくして話の弾む男性と話す事になり、メールアドレスを後に交換。2年ほど遠距離恋愛をした末に、めでたく結婚しました。今も夫婦仲良く子供にも恵まれています。

婚活パーティーにはあまり良いイメージがなかったのですが、普段生活していると出会えない方にも出会える機会があり、無料で参加できるのなら思い切って参加するのも良いと思いました。やっぱり、気が合う合わないはフィーリングでなんとなく分かるものなので、直感は大切だと思いました。

やっぱり女性は肉食がいいのかも

私の友人の話です。学生の頃から仲の良かった5人グループと、30代を前にして未だに交流があります。私も含め結婚して、子供ができて……と、環境が変わっていくことで段々縁遠くなっていくかなと思っていましたが、私に子供が生まれてからも交流は続いています。

3人結婚して独身は残り2人なのですが、そのうちの1人が仲間の中で取り残されていく危機感がとにかく強く、「誰かいい人いたら紹介して」が口癖のようになっていました。

職場でも友人でも、手当たり次第に頼んでいたので、そんな彼女のことをかげで悪く言う人もいましたが、本人が一生懸命だったので私も協力したいと思い、夫に頼んで「いい人」をホームパーティーに呼んでもらうことにしたのです。

「いい人」は背が高く、とある俳優さんに似てとてもかっこよく、最初に会った時から彼女が恋に落ちたのがわかりました。職業も堅く、本当に「いい人」なのに相手がいないなんてよほどの変人なのかと訝しんでいると、ただあんまり積極的なタイプでないだけのようなので、何とかカップルになってほしいと願いながら、時々家に呼んだり、一緒にバーベキューをしたりと、とにかく彼女とくっついてほしいと画策したところ、見事秋に結婚することになりました!

結婚したい、恋人がほしいと思っても、恥ずかしくてなかなか行動に移せない人もいるかと思いますが、やはり受動的な立場でいるよりも、自分の欲求を表に出して能動的にふるまった方が、周囲の協力を得られていいと思います。特に女性は肉食でガツガツ行った方が、「いい人」に巡り合える確率が上がると思います。友達(私にとっては夫ですが)の紹介って案外侮れないな~と思った経験でした。

アラサーの婚活方法おすすめ

私は27歳のアラサーですが、今婚活を頑張っています。私の婚活方法はリゾートバイトです!地元にいる時は、おばあちゃんからお見合いの話を持ってきてもらったり、地元のお見合いパーティーや地元で市が行っている合コンに積極的に参加していました。

地元である合コンはたくさんの人に出会いますが知り合いにも会うので気まずいです。それに、出会うのは結婚に焦っているおじさんばかり。なので地元にいるいい男はみんな結婚しているので、リゾートバイトに行くことにしました!私が選んだのは沖縄です。

沖縄のキャバクラで働きつつ、行ってすぐにイケメンに出会えたし、お見合いパーティーと違ってお金がかからず、たくさんの人に出会えました!沖縄の方は紳士な方が多いので女性を大切にしてくれます。私の友人もリゾートバイトで出会った方と結婚しています!地元にいたら出会えなかったであろうイケメンにも出会えて幸せです。

他にもリゾートバイトで現地の方と結婚している方は多いかと思います。初めは地元から出る事がイヤでしたが、いざ出てみるとなぜもっと早く来なかったのか思います。

まだ私は結婚していませんが、出会いを求めるなら外にでてたくさんの人に会う方がより価値観の合う素敵な方に出会えるかと思います!友達のお母さんは50代にしてお見合い紹介所に登録して第2の人生を歩んでいます。婚活に大事なのは積極的に行動する事だなと改めて実感しました!

婚活といっても自分が動きやすい方法が第一

婚活といっても様々な方法があり、人それぞれの特徴もあると思います。その中でも私がオススメするのが婚活サイトです。みなさんに私が利用した婚活サイトyahoo!パートナーの体験をご紹介します。yahoo!パートナーは数ある婚活サイトの中の1つです。なぜこのサイトを選んだかというとyahoo!は有名だったので安心感があったという単純な理由です。

実際利用してみると、かなりの数の会員数で、私が利用した時は男女合わせて300万人以上でした。それだけの登録数なので検索条件をかなり指定してもたくさんの人が出てきて、多くの出会いの可能性があります。趣味などのプロフィールや写真を見て、自分が興味を持った異性にいいね!を付け、その異性が承認してくれたらパートナーが成立し、メッセージのやりとりができます。

婚活サイトの特徴は、自宅にいながら簡単に登録でき、パソコンやスマホで検索やメッセージ交換ができるので使い勝手が非常に良いです。さらにはプロフィール登録数も圧倒的に多いので自分の好みの異性や、趣味の合う異性を探しやすいという利点もあります。yahoo!パートナーにあっては、スタッフによる違反者等の監視体制もしっかりしていて、プロフィール登録も審査制なのでより安心してパートナーを見つけることができます。

このように婚活サイトは忙しい社会人の方にも空いた時間で利用できるものなので、婚活パーティは緊張する方、時間のない方などにもオススメできます。

安心できるのは友人

大手の婚活サイトなら安心ですが、お金がかかります。安心とより良い相手を探すのだから、多少お金がかかるのはしょうがないとおもいますが、やはり他人に紹介されるよりは、よく知る友人の紹介の方が私は安心すると思いました。そして、人見知りの私にとつては、友人の助けがあった方が最初の会話もはずみました。

友人の紹介の場合、まずは信用できる友人であることが前提となりますね。友人の友人や、友人の旦那の友人との出会いは結婚につながりやすい気がします。事前に、婚活目的と伝えておけば相手の方も婚活目的の方になります。そして、共通の友人ができることで、交際や結婚後も相談や遊びに行くなどの楽しみも増えます。

友人の紹介は、婚活サイトやパーティーよりも失敗した時のリスクが大きいため、お互いに慎重になります。リスクとは友人を失う可能性です。そのため、普段の交際よりも相手の気持ちや行動に注意深くなり、より相手の事を考えられる気がします。私の場合は、そのおかげで初めて相手の方と向き合うお付き合いができました。以前の交際は、自分勝手な交際だったのだと思いました。慎重になったぶん、以前のような失敗が無いようにと注意をはらうようになりました。リスクは大きいですが、結婚後も相手の事を深く想ます。