地味であっても、自分に合った婚活を

婚活と一言で言っても何処から何処までが婚活で、何処から何処までが婚活ではないのかの定義は難しいものです。

例えば巷で流行っている婚活パーティーに出席すれば、婚活をした事になるのでしょうか?確かにこの様なパーティーに参加して、結婚相手を見つける事も可能だと思います。合コンに行くよりは、結婚を現実的に考えている男性と知り合える可能性も高いでしょう。

無意識であっても婚活らしき事をしていて上手くいく人と、「婚活」「婚活」と頭では考えながらも、実際には実らない人がいるのは何故なのでしょう。

例えばただ単に毎日料理をきちんとしているだけでも、ある人にとっては立派な婚活と言えるのかも知れません。

また私の知り合いは家族と一緒に住んでいるのですが、家計簿をつけたり、光熱費を管理したりするのは母親ではなく自分がしていると言っていました。これも立派な婚活だと思います。この様な仕事は1人暮らしをしていれば創意工夫し考えますが、ニーズがないとなかなか出来ません。

また料理教室に通う事と自宅で節約しながら料理する事の違いは、後者の方が案外結婚した後に役に立つのではないかと思います。一流の料理を習う事は否定しませんが、ある材料で作る能力などは毎日の経験から培われていくものだと思うからです。